消化器センター

当センターでは茨城県央〜県北における消化器疾患の治療を支えるべく、最新の内視鏡、超音波装置、透視装置を備え、標準治療から一部の高度医療まで対応しています。「当センターに来れば、まず安心」をお届けできるよう、日々技術の修練を続け、新しい技術へも取り組んでいます。センター1階に検査部門(内視鏡検査室、エックス線透視検察室、超音波検察室)を、2階と3階に消化器外科と消化器内科の入院病床を配置し、検査から入院治療までスムーズに行うことが出来ます。また、医師、看護師、内視鏡検査技師、放射線技師などがチームとなり、適切かつ安全な医療の提供に努めております。

内視鏡・透視室には6ブースあり、通常内視鏡(胃カメラや大腸カメラ)や超音波内視鏡検査の他、ERCP(膵胆道の検査治療)やESD(食道・胃・大腸の早期がんに対する粘膜下層剥離術)といった内視鏡治療を同時並行で行なっています。苦痛の少ない検査として注目を浴びている小腸カプセル内視鏡検査も当センターで行なっております。透視室は2室備え、胃・小腸・大腸の造影検査や経皮的ドレナージ術も積極的に行っています。

エコー室では放射線技師だけでなく医師も検査に参加し、被曝のない画像検査として超音波検査を積極的に行なっています。通常の超音波検査の他、造影超音波検査も積極的に取り組み、肝腫瘍に対する造影エコーを組み合わせたラジオ波焼灼術や肝嚢胞に対する経皮的治療など正確かつ低侵襲な治療を取り組んでいます。