循環器センター

循環器内科

これからの輝ける
人生のために・・・
命をつなぐ。
高度な医療を
提供し続けるために、
日々心臓病と闘う。
For your better life,
for your better heart

2019年 循環器内科の特徴

頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション数の増加

2019年度より長年筑波大学循環器科の主任教授として日本の不整脈学会、カテーテルアブレーション治療を牽引してきた青沼和隆医師が、当院不整脈治療部の最高技術顧問に常勤医として赴任しました。当院では今までもカテーテルアブレーションを施行しておりましたが、青沼医師の参加により更に治療数が増加し、また治療が困難とされている心室頻拍など様々な難治性不整脈に対しても高い成功率で治療を行えるようになりました。またホットバルーンという熱により不整脈を焼灼する新しい機器を導入し、今までより短時間で心房細動のアブレーション治療が可能となりました。

青沼和隆最高技術顧問(2019年当院赴任)
ホットバルーンカテーテル(画像提供:TORAY社)

大動脈弁狭窄症に対するカテーテル治療「TAVI」の導入

以前は大動脈弁狭窄症の弁置換術といえば外科的弁置換術しかありませんでしたが、昨今本邦でもカテーテルによる弁置換術「TAVI」が行われるようになりました。TAVIは胸を開かず、心臓が動いている状態で、足の付け根などに開けた小さな穴からカテーテルという管(くだ)を使って人工弁を心臓まで運び、留置する新たな治療法で、体に対する負担がとても小さいことが特徴です。TAVIを施行するには厳格な施設基準(1年間の心臓外科手術やカテーテル治療数、専門医数、手術室の設備、治療チームの協力体制など)があり、当院はこれらの基準を全て満たし施設認定を受けています。TAVIにより今まで年齢や持病などを理由に外科手術のリスクが高いと判断され治療が受けれなかった患者さんにも、より体への負担が小さい形で弁置換術が可能となりました。

カテーテル治療用の人工弁(画像提供:エドワーズ社)

カテーテル医、心臓外科医による合同ハートチームカンファレンス

週1回、循環器科医、心臓血管外科医が一堂に会し、直近1週間の心臓血管手術、心臓血管カテーテル治療を全症例見直し、今後の治療が少しでも患者さんにとって良い治療となるよう毎週検討会を開いています。また今後心臓血管の治療が必要となる患者さんの最適な治療法について、カテーテル治療医、心臓血管外科医が肩を並べて話し合い、患者さんにとって偏りのないベストな治療を提供できるようハートチームとして検討しています。

毎週行われている心臓外科、循環器内科合同ハートチームカンファレンス

新しい医療機器を用いた下肢動脈血管治療

近年、糖尿病や維持透析患者さんの増加を背景として、閉塞性動脈硬化症という病気により下肢の壊疽から切断となる患者さんが増えています。当院では下肢動脈閉塞に対するカテーテル治療を長年に渡り行っています。また新しい治療機器も積極的に導入しています。末梢血管用ステントグラフト(血管内留置型人工血管)、薬剤塗布バルーン(再狭窄予防のために血管内に薬剤を塗布する専用バルーン)、薬剤溶出性ステント、その他の新規ステントなどが上げられます。またクロッサーと呼ばれる振動波により血管の中の石灰化を破砕する特殊治療など、患者さんの血管の状態に合わせて多くの新規の医療機器を用いて治療を行っております。さらに当院では腎臓の機能が悪く造影剤の使用が困難な方にもカテーテル治療が可能となるように、必要に応じ炭酸ガス造影を併用し、腎臓にかける負担を最小限にして検査・治療を行っています。

  • 末梢血管用ステントグラフト(画像提供:ゴアジャパン社)
  • 振動波により血管の石灰化を破砕することができるクロッサーシステム(画像提供:メディコン社)
  • 柔軟性、強度に優れた末梢血管用ステント(画像提供:アボット社)
  • 左が炭酸ガス造影、右が通常の造影剤による血管造影写真(炭酸ガス造影により腎臓への負担を最小限にすることが可能です)

ハイブリッドカテーテル室の完備

当院では2016年よりカテーテル治療と心臓血管外科手術を同時に施行できるハイブリッドカテーテル室を稼働させています。ハイブリッドカテーテル室では、大動脈瘤の治療である大動脈ステントグラフト内挿術や、閉塞性動脈硬化症に対するバイパス手術など、カテーテル治療と外科手術が同時に必要な症例を治療しています。多くの場合、心臓外科医と循環器科医(カテーテル治療医)が同時に術者となり、互いに協力し、その長所を生かし合いながら治療を行っています。またその他、心臓・血管カテーテル室を2室完備し、緊急治療を含めて数多くのカテーテル治療を行っております。

ハイブリッドカテーテル室の血管造影装置

治療困難な冠動脈病変に対するカテーテル治療

冠動脈の重度な石灰化病変は通常のバルーン拡張やステント留置のみでは十分な治療が困難な場合があります。特に高齢者や維持透析中の方はこの石灰化が多くみられます。当院では微細なダイヤモンドが先端についたカテーテルを高速回転させて石灰を削り取るロタブレータという医療機器の認定施設です。また慢性完全閉塞病変(CTO)など、通常の方法では治療が困難な複雑な冠動脈病変に対しても、心筋シンチグラフィーや運動負荷試験などの検査で治療が必要な病変かを評価した上で積極的に治療を行っております。

血管内の石灰化を削り取るロタブレータシステム(画像提供:ボストンサイエンティフィックジャパン社)

リードレスペースメーカの導入

ペースメーカといえば通常、鎖骨の下の皮膚を切開し、そこに本体を植え込み、そこからリードを2本心臓に挿入するタイプのものでしたが、現在はリードレス(電線なし)ペースメーカと呼ばれる新しいペースメーカが使用可能です。これは切開をほぼ必要とせず、足の付け根から従来のものよりはるかに小型のペースメーカを心臓の中に置いてくるというものです。リードが必要ありませんので、リード断線などの心配もなく、また従来のペースメーカでは時折見られたペースメーカ感染症という難治性の合併症がほぼ起きません。また治療時間も1時間程度と従来のものよりも短く、より患者さんの負担が小さい治療法です。当院は県内でもこのリードレスペースメーカ治療を数多く行なっており、リードレスペースメーカー実施医が5名在籍しております。もちろん全ての方がこのペースメーカの適応という訳ではなく、適応については十分に話合い決定しています。

  • 従来のペースメーカ留置のイメージ(鎖骨の下を切開し、そこからリードを2本心臓まで挿入し、本体とリードを繋いだ後に、皮膚の下に植え込みます)
  • リードレスペースメーカ留置のイメージ(足の付け根から小型のペースメーカを心臓まで挿入し心臓の中に置いてきます)
  • 従来のペースメーカとリードレスペースメーカのサイズ比較(画像提供:メドトロニック社)

リードレスペースメーカ治療のアニメーション動画(提供:メドトロニック社)

静脈のカテーテル治療

深部静脈血栓症(DVT)という病気があります。これは静脈という全身から心臓に戻ってくる血管に血栓ができ閉塞することにより、下肢の浮腫、発赤、疼痛といった症状が出現し、人によってはその血栓が肺動脈に飛び肺塞栓症という命にかかわる病気につながることもあります。通常は抗凝固薬という血栓を徐々に溶かす内服薬を服用しますが、完全に閉塞した血管の中には薬剤が到達しにくく、症状の改善には数か月を要す場合が多く、これにより血栓後後遺症という、下肢の浮腫、だるさ、ひどい場合には皮膚の潰瘍などの後遺症を残すことがあります。当院ではカテーテル血栓溶解療法(CDT)と呼ばれる、血栓の中に細いカテーテルを留置し血栓溶解剤を直接血栓に向け噴射する治療を以前から積極的に行っております。これにより多くの場合は血栓の早期の溶解が得られ、自覚症状が大幅に早く改善し、血栓後後遺症を減らすことができます。深部静脈血栓症(DVT)の方全員が適応となるわけではなく、症状が強い場合に限定される治療です。

血栓内に留置し、多方向に血栓溶解剤を直接噴射し血栓を溶かすことができる血栓溶解用カテーテル(画像提供:メリットメディカル社)

救急科と密接に連携した救急対応

原則として入院ベッド満床時以外は救急車の受け入れを拒否せず、急性心筋梗塞など緊急治療が必要の際には24時間、365日、いつでも緊急カテーテル治療が可能なよう準備しています。また水戸市と提携を結びドクターカー、ドクターヘリを運用しており、消防本部からの出動要請にて当院の救急科医師及び看護師が添乗して救急現場に出向き、病院到着前の病状悪化に対応できるよう、プレホスピタル治療(病院搬送前の治療)にも力を入れています。心臓血管疾患の患者さんにおいては、病院搬送前、搬送後、いずれも救急科と循環器科と心臓血管外科で密接な連携を組み治療にあたっています。

当院で運用しているドクターヘリとドクターカー

専門医資格

当院では以下の如く、各学会の専門医資格を持った医師が常勤しています。

日本循環器科学会専門医

6人

日本心血管インターベンション治療学会

名誉専門医
1人
専門医
2人
認定医
2人

不整脈専門医

3人

脈管学会専門医

2人

大動脈瘤ステントグラフト指導医

4人(心臓外科医2人、循環器科医2人)

循環器科スペシャリストを志す医師のための研修システム

当院は循環器疾患のスペシャリストを志す若い医師の指導体制を整えており、以下の施設認定を有しています。

  • 日本循環器学会専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション学会認定研修施設
  • 日本不整脈学会関連施設
  • 経カテーテル的大動脈弁置換術実施施設
  • インペラ補助循環用ポンプカテーテル実施施設
  • 胸部大動脈瘤ステントグラフト実施施設、腹部大動脈瘤ステントグラフト実施施設
  • 日本救急医学会認定施設
  • 厚生労働省臨床研修指定病院

循環器内科で治療する疾患

虚血性心疾患 心筋梗塞、狭心症
心不全 急性・慢性心不全
不整脈
頻脈性不整脈

心房細動、心房粗動、発作性上室性頻拍、WPW症候群、心室性期外収縮、心室頻拍、心室細動、ブルガダ症候群

徐脈性不整脈

房室ブロック、洞不全症候群

弁膜症 大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症(逆流症)、僧帽弁閉鎖不全症(逆流症)、僧帽弁狭窄症、僧帽弁逸脱症、三尖弁閉鎖不全症
血管疾患 大動脈解離、大動脈瘤、慢性閉塞性動脈硬化症、重症虚血肢、深部静脈血栓症、中心静脈閉塞症
心筋疾患 肥大型心筋症、拡張型心筋症、その他の心筋症
その他 先天性心疾患、心膜炎、心筋炎、心臓腫瘍など

医師紹介

  • 主任部長、診療部長
    大平 晃司
    • 新潟大学(平成2年卒)
    • 日本内科学会 認定総合内科専門医
    • 日本循環器学会 専門医
    • 日本心血管インターベンション治療学会 専門医
    • 日本不整脈心電図学会 専門医
    • ICD/CRT認定医
    1990年
    新潟大学医学部附属病院
    1991年
    水戸済生会総合病院
    1992年
    新潟県立六日町病院
    1993年
    立川綜合病院
    1994年
    新潟大学医学部附属病院
    1997年
    秋田赤十字病院
    1998年
    新潟大学附属病院
    1999年
    厚生連村上総合病院
    2000年
    水戸済生会総合病院

    循環器全般にわたり専門的な知識を持って治療に当たりたいと思っております。

  • 最高技術顧問
    青沼 和隆
    • 山口大学(昭和52年卒)
    • 日本内科学会 指導医
    • 日本循環器学会 専門医
    • 外国人臨床修練指導医
    • 日本不整脈心電図学会 不整脈専門医
    1985年
    武蔵野赤十字病院 内科副部長就任
    1987年
    土浦協同病院 内科科長就任
    1991年
    横須賀共済病院 内科部長就任
    1996年
    横須賀共済病院 循環器センター長併任
    2004年
    筑波大学人間総合科学研究科 循環器内科 講師
    2006年
    筑波大学人間総合科学研究科 循環器内科 教授
    2019年
    水戸済生会総合病院 循環器内科 最高技術顧問

    皆様初めまして、青沼和隆と申します。医師として仕事を始めてから40年以上、循環器病学の中でも特に不整脈と心不全を深く掘り下げ、多くの治療経験を積んで参りました。本年4月より当院で不整脈診療を開始しましたので、胸痛・動悸・胸苦しさ・息切れ・疲労感・だるさ等の循環器症状を自覚しておられる方、また自覚症状が無くても、検診やかかりつけ医から循環器内科受診を進められた方など、多くの患者様の力になれる様にと考えておりますので、何卒よろしくお願い致します。

  • 臨床研修センター長
    血管内治療グループ長
    循環器内科部長
    千葉 義郎
    • 山形大学(平成8年卒)
    • 日本内科学会 認定総合内科専門医・指導医
    • 日本循環器学会 専門医
    • 日本心血管インターベンション治療学会 専門医
    • 日本インターベンションラジオロジー学会 専門医
    • ステントグラフト指導医(胸部・腹部)
    • 日本脈管学会 脈管専門医
    • 日本不整脈学会
    • ICD認定医
    • CRT認定医
    • 死体解剖資格
    1996年
    湘南鎌倉総合病院 研修
    千葉西総合病院 内科チーフレジデント
    湘南鎌倉総合病院 内科チーフレジデント
    2005年
    水戸済生会総合病院 循環器内科 部長
    2008年
    同血管内治療グループ グループ長兼任
    2016年
    同臨床研修センター センター長兼任

    循環器領域に限らず、カテーテル治療全般を担当しています。カテーテル治療で対応可能な領域は幅広くあるので、一度ご相談ください。

  • 部長
    山田 典弘
    • 日本医科大学(平成13年卒)
    • 日本心血管インターベンション治療学会
    2001年
    東京女子医科大学病院 日本心臓血圧研究所内科
    2004年
    済生会熊本病院 循環器内科
    2008年
    東京女子医科大学病院 循環器内科 助教
    2014年
    水戸済生会総合病院 循環器内科 部長
    2016年
    手稲渓仁会病院 循環器内科 主任医長
    2017年
    水戸済生会総合病院 循環器内科 部長

    心血管カテーテル治療を専門としています。冠動脈形成術を中心として、経カテーテル大動脈弁置換術、末梢血管インターベンション(下肢動脈)、大動脈ステントグラフト内挿術、頸動脈/腎動脈ステント留置術、静脈系インターベンションなど、全身血管のカテーテル治療に従事しています。また不整脈疾患に対するデバイス治療(ペースメーカ、ICD等)を行っています。千差万別な患者さんの病状に対して、一人一人に適した丁寧なテーラーメイド治療が提供できるように日々努めています。

    治療が困難とされた冠動脈の複雑病変(慢性完全閉塞病変、高度石灰化病変など)にも対応しますので是非一度ご相談ください。

  • 部長
    石橋 真由
    • 獨協大学(平成18年卒)
    • 日本内科学会 認定医
    • 日本循環器学会 専門医
    • 心臓病学会
    • 日本心エコー図学会
    2006年
    自治医科大学
    2008年
    茨城県立中央病院
    2012年
    筑波大学附属病院
    2013年
    ひたちなか総合病院
    2014年
    霞ヶ浦医療センター
    2015年
    水戸済生会総合病院

    循環器疾患を中心に、微力ながら地域の皆様に寄り添う医療を心掛け診療をしております。宜しくお願い致します。

  • 部長
    樋口 基明
    • 山梨大学(平成20年卒)
    • 日本内科学会 認定総合内科専門医
    • 日本循環器学会 専門医
    • 日本心血管インターベンション学会 認定医
    • ICD認定医
    • CRT認定医
    • 日本脈管学会 専門医
    • 日本インターベンションラジオロジー学会
    • 日本心臓リハビリテーション学会
    2008年
    水戸総合病院(現ひたちなか総合病院) 研修医
    2010年
    水戸ブレインハートセンター 循環器内科
    2012年
    ひたちなか総合病院 循環器内科
    2014年
    水戸済生会総合病院 循環器内科

    医師になってから循環器内科として茨城県央地域での医療に携わらさせて頂きました。

    専門分野は虚血性心臓病としており、心臓カテーテル検査・治療に加えて末梢血管(下肢など)への治療を行っておりますが、ペースメーカ植込み(植込み型除細動器や心臓再同期療法)やリードレスペースメーカ治療も行っております。また、最近では心臓疾患の患者様の心臓リハビリテーションにもリハビリの先生と関わらせてもらっています。

    専門性を持ちつつも、可能な限り地域に密着し、かつ検査・治療を完結できる医療を提供出来るようにと考えております。検査、治療はもちろんのことではありますが、外来診療を含めて患者様にとって最善と思う医療を提供できるように心がけております。よろしくお願い致します。

  • 部長
    大津 和也
    • 筑波大学(平成25年卒)
    • 日本内科学会 認定内科医
    • 日本循環器学会
    • 日本心血管インターベンション学会
    2013年
    筑波大学附属病院 初期研修医(院内・院外研修)
    2015年
    筑波大学附属病院 循環器内科
    2016年
    筑波メディカルセンター病院 循環器内科
    2017年
    筑波大学附属病院 循環器内科
    2018年
    ひたちなか総合病院 循環器内科
    2019年
    水戸済生会総合病院 循環器内科

    どうすれば個々の患者さんにとってよりよい医療を提供できるか, 安全に治療ができるかを考えながら日々の診療を行っています。

  • 医員
    川原 有貴
    • 筑波大学(平成27年卒)
    • 日本内科学会 認定医
    • 日本循環器学会
    • 日本心血管インターベンション治療学会 認定医
    2015年
    筑波大学附属病院 初期研修
    2017年
    水戸済生会総合病院 循環器内科

    循環器一般外来・救急対応・カテーテル治療を含めた入院加療など全般の診療を行っています。より良い診療ができるよう努力してまいります。よろしくお願いします。

  • 医員
    藤沼 俊介
    • 帝京大学(平成28年卒)
    • 日本循環器学会
    • 日本内科学会
    2016年
    水戸済生会総合病院 初期研修
    2018年
    水戸済生会総合病院 内科後期研修

    心から信頼いただける循環器内科医を目指しています。何卒よろしくお願いします。

  • 顧問
    健診センター長
    村田 実
    • 新潟大学(昭和53年卒)
    • 日本内科学会 認定医
    • 日本循環器学会 専門医
    • 日本心血管インターベンション治療学会 名誉専門医
    • 日本不整脈心電図学会 不整脈専門医
    • 日本医師会 認定産業医
    • 日本人間ドック学会 認定医
    1978年
    新潟市民病院 内科研修
    1979年
    新潟県厚生連中央総合病院 内科
    1980年
    新潟大学 第一内科
    1986年
    日本心臓血管研究振興会附属榊原記念病院 
    1989年
    水戸済生会総合病院 循環器科 部長
    2001年
    水戸済生会総合病院 副院長
    2009年
    水戸済生会総合病院 院長
    2019年
    水戸済生会総合病院 循環器内科顧問

    平成31年3月までの30年間、当院で循環器内科医として循環器疾患の地域内で完結した治療を目指して日夜診療に励んでまいりました。4月以降、私はこれまでの循環器内科医としての経験を生かし健診センタ―で健診業務(人間ドック)も行い成人病(動脈硬化性疾患やがんなど)の予防にも取り組んでいます。地域の皆さんにはご自分の健康状態に関心を持っていただき、当健診センタ―をご利用いただければと思っております。

循環器内科外来 医師担当表

初診 午前 樋口 山田 川原 大平
千葉
大津
午後
再診 午前 山田 大平 千葉
川松
(ACHD外来)
石橋 樋口
川原
午後 藤沼
堀米
(ACHD外来)
大平
大津
千葉
会澤
蔵野
(ペースメーカ外来)
石橋
青沼
(不整脈外来)
樋口
青沼
(不整脈外来)
  • ACHD : Adult Congenital Heart Disease(成人先天性心疾患)
  • 外来医師担当表は変更がありますので、病院ホームページの外来担当医一覧にてご確認ください

見学、入局希望などのお問い合わせ

当循環器内科への見学希望、入局希望は随時行っております。見学、入局を希望される方は下記メールにてご連絡ください。迅速に対応させていただきます。またメールだけでのお問い合わせも可能です。

水戸済生会総合病院医局秘書
i-hisyo@mito-saisei.jp