診療科

脳神経外科

特色

脳血管障害(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血・脳動静脈奇形・モヤモヤ病)、脳腫瘍(良性・悪性)、頭部外傷 (急性・慢性期)、機能性疾患(三叉神経痛・片側顔面けいれん・てんかん)、小児疾患(水頭症・先天奇形)、炎症性疾患(髄膜炎・脳膿瘍)など、脳・神経疾患のほぼ全域を対象に24時間体制で臨んでいます。
平成19年4月から救急救命センターの開設により重症な脳卒中や頭部外傷の症例が増加しています。
平成22年4月から筑波大学脳神経外科の関連病院となりました。大学との連携強化により診療体制の更なる充実に努めています。

診療内容

病床数は25床(5東病棟)、年間入院患者数(2010年は385人)のうち約半数を脳梗塞などの脳卒中急性期症例が占めています。平均在院日数18.4日。
脳血管障害の治療では、早期リハビリテーション療法(PT・OT・ST)を導入して、四肢の麻痺、言語障害、嚥下障害の回復を促し日常生活の自立に努めています。また、リハビリテーション療法の継続が必要な患者さんでは、回復期病院と連携し早期の転院に努めています(地域連携パス使用)。家庭内復帰が困難な患者さんについては、ソーシャルワーカーを介し、患者・家族が満足できる転院や老健施設入所などを心がけています。
脳梗塞、慢性硬膜下血腫については、クリニカルパスを用いて治療内容・経過・退院についての情報や基準を明示して、患者・家族の病気や治療・予防への理解に努めています。

手術件数 2010年は103件と減少しましたが、例年140~150件。

  • 脳腫瘍摘出・生検 9
  • 脳動脈瘤クリッピング 16
  • 慢性硬膜下血腫 37
  • 脳神経手術(三叉神経痛など) 1
  • 奇形・水頭症 15
  • 血管内手術 5

放射線治療

リニアックを用いています。2000年から定位放射線治療が可能となりました。ガンマナイフ治療については水戸ガンマハウスに依頼しています。主な対象疾患は、転移性脳腫瘍や脳動静脈奇形です。

血管内治療

血管内治療(脳動脈瘤や硬膜動静脈瘻に対するコイル塞栓術、内頸動脈狭窄症に対するステント留置など)が必要な症例は、筑波大学脳血管内治療グループと提携、当院で治療しています。

担当医師紹介

早野 信也 (はやの まこと)

職名 名誉院長
出身大学(卒業年) 新潟大学(昭和37年)
所属学会・認定資格 日本脳神経外科学会 専門医

森 修一 (もり しゅういち)

職名 院長補佐
出身大学(卒業年) 新潟大学(昭和55年)
所属学会・認定資格 日本脳神経外科学会 専門医
日本脳卒中学会 専門医
日本リハビリテーション医学会 認定臨床医

井口 雅博 (いぐち まさひろ )

職名 主任部長
出身大学(卒業年) 筑波大学(平成3年)
所属学会・認定資格  

佐浦 南(さうら みなみ)

職名 医員
出身大学(卒業年) ハンガリー国立セゲド大学(平成25年)
所属学会・認定資格