地域医療連携

水戸市医師会病棟(開放型)

水戸市医師会病棟について

近年の医療技術の長足の進歩、高度医療機器の開発、高齢化社会への突入など、医療を取り巻く環境には著しい変化がみられ、それに伴い、高度医療を求める社会的ニーズは大きくなりつつありました。
これに応えるべく、昭和61年水戸市医師会に開放型病棟開設への気運が高まり、平成元年7月当院に50床の水戸市医師会病棟が開設されました。
平成2年10月には、開放型病院として許可され、その実績には高い評価が寄せられています。

目的

当病棟の目指すものは地域医療水準の向上を図り、地域社会に貢献する事です。当院に設備された高度医療機器や施設の共同利用と密接な病診連携とにより、初期治療から末期医療に至るまで一貫した地域包括医療を実現すること、および医師会病棟を医師の生涯教育の場の一つとすることです。

病棟利用方法

主治医として登録し病院側医師と協力して診療に当たる「登録医」と、診療治療を全面的に病院に任せる「紹介医」とに分かれます。

【昼間の場合】

入院依頼 → 病棟秘書 → 院内担当部長 → 主治医(主に内科)
       → 各科 → 主治医 → 内科以外の科
       → 各科 → 主治医

【夜間の場合】

入院依頼 → 夜間受付 → 当直医、当直課長 → 各科拘束医 → 主治医

外来予約・検査予約申込書(PDFファイル/ダウンロードしてお使いください)
入院申込書(PDFファイル/ダウンロードしてお使いください)

ご意見・ご質問等ございましたら下記までご連絡ください。
医師会病棟秘書室
TEL 029-254-9067(8:30~17:00)  FAX 029-254-8155

※電話番号は、地域医療連携室と共通です。

実績

入院依頼患者数 全科 2018年(平成30年度)

班別入院依頼件数

西班…常磐、渡里、石川、上中妻、見川の一部、双葉台、堀原、内原、妻里 学区
南班…緑岡、寿、河和田、見川、千波、梅ヶ丘、笠原 学区
東班…城東、浜田、酒門、吉田、吉沢、千波の一部、三の丸の一部、下大野、稲荷第一、
   稲荷第二、大場、笠原の一部 学区
中央班…三の丸、五軒、新荘、常磐の一部、柳川 学区

内科入院依頼患者転帰

(紹介された患者が紹介元の医療機関へどれだけ戻るかを示した数)

転帰 件数
紹介元へ戻る 872
死亡 64
転院 36
当院フォロー* 19
転科 7
合計 998

*当院フォローの理由について
新生物疾患(悪性腫瘍)、その他人工透析、膠原病、当院での手術待ち、紹介医からの希望(専門外疾病のため)、もともと当院かかりつけなど。