診療科

血液内科

特色

評価の定まった標準的治療法を主に施行し、研究的な治療法の選択にあたってはインフォームドコンセントを重視しています。
スタッフのチームワークを大切にし、患者家族とのコミュニケーションを重視した診療を心がけています。

診療内容

造血器腫瘍、各種の貧血、血友病等、血液疾患全般についての診療を行っています。

急性白血病

JALSGを参考に、年齢、病型により異なるプロトコールで治療しています。

慢性骨髄性白血病

グリベックを第一選択とし、適応症例には骨髄移植も導入しています。

骨髄異形成症候群

高齢者に多い骨髄異形成症候群は、患者のQOL(生活の質)に配慮した治療法を選択しています。

悪性リンパ腫

病理組織等によるが、中等度悪性群非ホジキンリンパ腫にはR・CHOP療法を標準的治療法としています。

ホジキン病

ABVD療法を標準的治療法としています。

担当医師紹介

長山 礼三 (ながやま れいぞう)

職名 顧問
出身大学(卒業年) 新潟大学(昭和52年)
所属学会・認定資格 日本血液学会  指導医
日本内科学会  指導医
日本臨床腫瘍学会  暫定指導医
日本環境感染症学会  ICD