循環器センター

インぺラについて

IMPELLA
補助循環⽤ポンプカテーテル

茨城県2番目の施設として当院でインぺラの治療が可能となりました

インペラ(IMPELLA)とは、2017年9月から本邦に導入された左心室負荷を直接軽減する補助人工心臓の一つです。2019年に当院がインペラの施設認定を受け、2020年より実際の治療が可能となりました。

特徴

特徴急性心筋梗塞や重症心不全、劇症型心筋炎などで心原性ショック(自分の心臓で、全身に血液を十分に送ることができない状態)に陥った患者さんに対して、心臓の代わりとなって全身に血液を送るための循環補助装置です。カテーテルやポンプが非常に小型のため、これまでの循環補助装置よりも体への負担が少ない治療です。

適応

インペラ(IMPELLA)は、あらゆる内科療法に抵抗性の心原性ショックが適応になります。具体的には超重症心不全症例の心不全が悪化した場合や、急性心筋梗塞や劇症型心筋炎で搬送される緊急重症ショック症例に有効と考えています。

種類

現在IMPELLA2.5、IMPELLA CP、IMPELLA5.0の3種類のカテーテルが使用可能です。IMPELLA2.5とIMPELLA CPはそれぞれ2.5L/分と3.7L/分の循環血液量の補助が可能で、大きな切開をせず動脈穿刺により12Frないし14Frのシースを挿入したうえで留置します。IMPELLA5.0は5.0L/分と大きな流量の循環血液量の補助が可能ですが、カテーテルが太いため、外科的に切開し、鎖骨下動脈や大腿動脈に人工血管を装着する処置を行った後に、人工血管からIMPELLAを血管内に挿入します。

方法

足の付け根から経皮的・経血管的にポンプカテーテルを挿入、ポンプ内の羽根車を高速回転して左室内のカテーテル先端の吸入部から血液をくみ出して、大動脈に位置した吐出部へ送り出すことで、順行性補助循環を可能にしています。

「心不全/心原性ショックチーム」による治療

IMPELLAの治療・管理は一人の医師のみでできる治療ではありません。心不全を専門とした循環器内科医、心臓血管外科医、カテーテル治療医、麻酔科医といった医師に加え、臨床工学技士、循環器病棟看護師、ICU看護師、放射線技師など、心不全や心原性ショックに関する高度な知識と技術そして経験を持った心不全治療の専門チームにより行われる治療法です。

Impellaアニメーション動画