診療科

皮膚科

特色

私たちは、基本的に目に見える皮膚・粘膜病変および皮下にあって触ることのできる病変の診断、治療をしています。また、毛髪、爪の症状、口腔粘膜や外陰部粘膜の症状なども対象としています。かゆみ、痛み、発赤、腫脹、びらん・潰瘍、腫瘤など、お気づきのものがありましたら遠慮なくご来院ください。

診療内容

主な対象疾患

  • 蕁麻疹
  • 湿疹・皮膚炎
    接触皮膚炎(かぶれ)、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、貨幣状皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎、うっ滞性皮膚炎、慢性湿疹など
  • 薬疹(薬が原因で生じる皮膚症状)
  • 食物アレルギー
    皮膚アレルギー検査などを行い、なるべく原因を調べます。重症例にはエピペン(アナフィラキシー発現時に用いる自己注射薬)を導入しています。
  • 乾癬
    重症例や関節症状を伴う場合には、生物学的製剤による治療を考慮します。
  • 細菌感染症
    膿痂疹(とびひ)、毛包炎、痤瘡(にきび)、蜂窩織炎、壊死性筋膜炎、丹毒など
  • ウイルス感染症
    単純ヘルペス、帯状疱疹、水痘、尋常性疣贅(いぼ)など
  • 真菌感染症
    白癬(水虫)、カンジダ、その他の真菌によるもの
  • 皮膚潰瘍
    外傷性、感染性、動脈性、静脈性、アレルギー炎症性、糖尿病性、腫瘍性、圧迫性(褥瘡)など
  • 膠原病
    皮膚症状から膠原病の手がかりが見つかることがあります。
  • 皮膚腫瘍
    良性腫瘍全般および悪性腫瘍(基底細胞癌、ボーエン病、有棘細胞癌、悪性黒色腫、皮膚リンパ腫など)
    小さいものや早期のものは当科で切除ができますが、病状によっては当院形成外科、県立中央病院および筑波大学附属病院などを紹介させていただきます。
  • その他
    爪の疾患、毛髪の疾患、粘膜疾患、血管腫、色素沈着・色素脱失など皮膚の色に関する疾患。脱毛症に対しては、局所免疫療法やステロイドパルス療法を実施しています。単純性血管腫、苺状血管腫、異所性蒙古斑、太田母斑などについては、病状に合わせたレーザー機器を用いて治療します。
  • 自費診療
    美容皮膚科(美容整形手術や脱毛など)は原則として行っていませんが、(1)男性型脱毛症(AGA)に対する内服治療、(2)シミに対するレーザー治療、(3)多汗症に対する塩化アルミニウム液の処方などができます。

担当医師紹介

神﨑 美玲 (かんざき みれい)

職名 主任部長
出身大学(卒業年) 山梨医科大学(平成14年)
所属学会・認定資格 日本皮膚科学会 皮膚科専門医
日本アレルギー学会 アレルギー専門医
日本医師会認定産業医
ICD制度協議会認定 インフェクションコントロールドクター
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本性感染症学会 認定医
日本結核病学会 結核・抗酸菌症 認定医
日本臨床免疫学会 免疫療法認定医
日本フットケア学会 フットケア指導士
日本旅行医学会 認定医
日本皮膚免疫アレルギー学会 代議員
茨城県アレルギー疾患医療連絡協議会 委員

髙向 梨沙(たかむき りさ)

職名 医員
出身大学(卒業年) 筑波大学(平成27年)
所属学会・認定資格  

お知らせ

【受付時間変更のお知らせ】
皮膚科の受付時間は10:30までとさせていただきます。