診療科

放射線科

診療内容

放射線科で扱う検査や治療について
放射線科は大きく4つの専門分野に分かれています。

画像診断

CT、MRI、単純X線写真、超音波(エコー)、X線透視、血管造影などの画像診断装置を使用して、無侵襲または低侵襲な方法で病気の診断をします。

IVR

IVR(インターベンショナルラディオロジー)とは、画像診断に用いる技術を応用して、非開頭、非開胸、非開腹的に行うもので、微小侵襲治療のひとつです。

核医学

アイソトープを注射し、腎や心臓の機能、脳血流、骨転移、悪性リンパ腫などの診断をします。

放射線治療

肺腫瘍、縦隔腫瘍、食道癌、乳癌、頭頚部腫瘍、脳腫瘍、泌尿生殖器系腫瘍、悪性リンパ腫、子宮頚癌、軟部腫瘍などの治療に有効です。放射線腫瘍医がご相談にのります。

カテーテル治療

木曜日に、血管内治療チームと一緒に行っています。

担当医師紹介

遠田 譲 (とおだ じょう)

職名 非常勤医
出身大学(卒業年) 新潟大学(昭和62年)
所属学会・認定資格 日本IVR学会 専門医
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
検診マンモグラフィ読影認定医

橋本 弥一郎 (はしもと やいちろう)

職名 非常勤医
出身大学(卒業年) 広島大学(平成14年)
所属学会・認定資格 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会合同認定 放射線治療専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医