産婦人科

母体血胎児染色体検査(NIPT)をお考えの妊婦様へ

当院は、母体血胎児染色体検査を臨床研究の枠組みで実施するNIPTコンソーシアムの協力施設として、出生前検査の選択肢の一つとして本検査を提供していく方針です。したがいまして、当院では、日本産科婦人科学会より公表されました「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査」に関する指針、および、NIPTコンソーシアムの方針に則って、検査を実施してまいります。なお、研究に参加できる人数には限りがあり、条件を満たしている方でも予約をお受けできない場合がございます。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

検査についての情報は、NIPTコンソーシアムのホームページもご参照ください。

母体血胎児染色体検査(NIPT:無侵襲的出生前遺伝学的検査)とは?

  • この検査は臨床研究の一環として行われ、研究参加には一定の条件があります。
  • 臨床研究(お母様や赤ちゃんについての登録・追跡調査)に協力していただける方が対象になります。従って、当院で分娩する方のみを研究対象とさせていただきます
  • 検査では、妊婦様から20mLの血液を採取することで、赤ちゃんにおける 特定の染色体疾患(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミー)の可能性を検査します。
  • 赤ちゃんの染色体疾患を確定診断する検査ではありません。(非確定的検査という位置づけの検査です)
  • 検査は妊娠10週以降の妊婦様が対象です。
  • 検査結果はおよそ2週間後に出ます。
  • 結果が陽性であった場合には、確定診断のための羊水検査などが必要になります。
  • 判定保留となり、検査結果がはっきりでないことがあります。詳しくはこちらもご覧ください。

対象となる妊婦様は?

当院で分娩する妊婦様で、赤ちゃんの染色体疾患についての検査希望があり、以下のいずれかの条件を満たす方です。

  • 高齢妊娠の方(分娩予定日に35歳以上)
  • 染色体疾患をもつお子様を妊娠・出産したことがある方
  • 胎児が染色体疾患である可能性の上昇を指摘された方(超音波検査や母体血清マーカー検査で染色体疾患をもっている可能性が通常よりも高いことを指摘されている場合や、ご夫婦のいずれかにロバートソン転座がある場合)

赤ちゃんに明らかな形態異常が認められる場合は、確定診断である羊水検査を検討することが望ましいと考えます。

検査の流れ

月曜日と木曜日午後の「遺伝・NIPT外来」を予約していただき、検査前のカウンセリングを受けていただきます。
予約方法は外来受診時に担当医に伝えていただくか、平日15:00~16:30に029-254-5151(病院代表)にお電話いただき、産婦人科外来に繋いだ上で「遺伝・NIPT外来」の予約をお願いいたします。検査は妊娠10週から可能ですので、検査を希望されるかたはなるべく早くカウンセリングを受けていただくことをお勧めいたします。遅くとも妊娠13週末までにはパートナーと2人でカウンセリングを受けていただきます(パートナーと一緒にカウンセリングを受けられない方は検査を受けることができません)。

  • 希望がある場合には検査の予約(月曜日と木曜日午後)をとります。
  • 予約日に検査(採血)を行います。
  • 検査後、2週間で結果が出ます。必ずパートナーと2人で検査後のカウンセリングを受けていただきます(パートナーと一緒に来院できない方は検査結果を聞くことができません)。ご不明な点は担当医にお尋ねください。